■プロフィール

小椋庵月

Author:小椋庵月
(おぐらあづき・高②♀)
題詠blog2008投稿用blogです♪

いま思うこと:
『己に克つ!』

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■RSSフィード
■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
043:宝くじ(小椋庵月)
当たるのを待ってる宝くじの見る夢は主(あるじ)と笑い合う顔

スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

041-060 | 06:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
042:鱗(小椋庵月)
びくびくの銀の鱗にこわごわな手へと流れた短絡思考

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

041-060 | 06:03:09 | Trackback(0) | Comments(0)
041:存在(小椋庵月)
あぜ道をコンガコンガとシャベル突き歩く農婦と存在確認

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

041-060 | 06:11:29 | Trackback(0) | Comments(0)
040:粘(小椋庵月)
ほめられた粘土細工の父の笑み ひび割れたって今も見ている

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 06:07:50 | Trackback(0) | Comments(0)
039:王子(小椋庵月)
白馬とかまったくもって縁がなく ヤギに蹴られた王子をみてる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 06:18:09 | Trackback(0) | Comments(0)
038:有(小椋庵月)
「よッ!」「おまえ」「おい!」「おばかさん」「ちょい」「アナタ」 固有名詞で呼びなさい 「ねえ」

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 06:12:48 | Trackback(0) | Comments(0)
037:V(小椋庵月)
ビデオよりDVDが増えた棚 祖父は近づき背ラベルをみる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 06:20:16 | Trackback(0) | Comments(0)
036:船(小椋庵月)
だれも来ず双胴船が波止場よりつま先立って客を待ちたり

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 06:13:26 | Trackback(0) | Comments(0)
第2中継所
水を飲んでひとこと。。。。。

今は苦しぃケド、改めて向き合えば楽しく走れると思ったんだょ。

(*´ノO`)_尸"" hurray!hurray!ε=ε====((((((o゚ー゚)o

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

その他 | 23:06:03 | Trackback(0) | Comments(0)
035:過去(小椋庵月)
夢にいる過去のあなたとさよならし今のあなたと今の私で

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 23:03:57 | Trackback(0) | Comments(0)
034:岡(小椋庵月)
岡山は晴れの国だと聞きました 貴女の地元らしいと笑う

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 23:02:06 | Trackback(0) | Comments(0)
033:すいか(小椋庵月)
のんじゃった種をこころで芽吹かせて 肥えたダイチにすいか転がす

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 22:59:55 | Trackback(0) | Comments(0)
032:ルージュ(小椋庵月)
リビングで猫背の母がイクサ終え 鎧のごときルージュをぬぐう

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 22:57:58 | Trackback(0) | Comments(0)
031:忍(小椋庵月)
睡魔キタ 目蓋のうえで忍び足 払ってもキタ 祓ってもキタ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

021-040 | 22:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。